smartmatch

ホーム採用成功事例/利用者の声>医療法人社団 董会 北須磨病院  事務長 山口 弘城 様

採用成功事例/利用者の声

非常勤医師の採用をフックに常勤への登用に成功

医療法人社団 董会 北須磨病院
事務長 山口 弘城 様

02

Question

非常勤の医師が常勤になった事例があったようですが、詳細を教えてください。

Answer

当院は整形外科に力を入れている病院です。高齢の患者さんの多くは整形外科入院であっても内科的疾患の既往があり、内科医師による併診が必要です。整形外科入院の患者全員に併診医として内科常勤医が付いていましたが日々忙しく、併診として付くことが難しくなってきておりました。そのため内科医師のニーズが高まり募集を行いました。内科医の常勤医師採用が最も好ましかったのですが、内容として主治医で任せるわけではないので、週3 日程度の非常勤医師でもお任せできるという結論に至り、子育て中で、フルタイムでの勤務は難しいけど、 限られた時間内で勤務したい。という医師をターゲットにして、非常勤求人の「Dr. アルなび」を活用し、 キャッチコピーなど工夫して掲載を行った結果、一名の女性医師から応募があり、うまくマッチングする事が出来ました。将来的に求めていたフルタイムの常勤勤務になってくれたら嬉しな。と思っていたのですが、非常勤勤務を開始して数カ月が経過したころ、先生の方から「これならフルタイムでも勤務出来そうなので常勤として就職したい」という申し出があり、常勤医師としての採用に成功しました。非常勤で勤務実績があり、院内の他の常勤医師からも評価も良かった事から、話がトントン拍子に進みましたね。いきなり常勤の募集する事も良いですが、今回のような戦略的な募集の出し方が成功すると嬉しいですね。

Question

貴院では、スポット医師の募集も活用されているという事ですが、どのような募集のかけ方をしていますか?

Answer

院長が日勤帯の業務に集中できる環境を整えたいという思いから、 常勤の医師の負担を軽減する意味合いで、当直帯の勤務を定期非常勤医師にまかせています。常勤医師の中でも希望する先生がいれば当直勤務をまかせておりますが、当直帯の定期非常勤が休まれるとき、当直勤務に入っている常勤医師の学会参加などで休む時に、スポット募集を「Dr. アルなび」で行っています。じつはスポット勤務の医師がリピーターになって、定期非常勤として勤務してくれるようになったりする事も多いですね。常勤医師の負担軽減で行っている定期非常勤医師の採用も、スポット求人を出す事で安定して採用する事が出来ています。

Question

スマートマッチサービスを利用している中で、満足されているポイントはありますか?

Answer

もちろん、「Dr. 転職なび」「Dr. アルなび」に求人掲載が出来るという事にも満足していますが、クライアントサポートの方から連絡をくださって、求人情報の更新をしてくれる事が非常に助かりますね。情報更新をするだけではなく、依頼した求人の条件が間違っていれば気づいてくれて修正してくれたり、キャッチコピーなどの表現方法を提案してくれます。私も日中大変忙しく、医師採用の活動に時間が取れない中、丁寧にサポートしてくれる事が非常に助かっていますね。

利用者の声一覧
ページのトップへ戻る